HOME > Topics > 一般歯科 > 歯周病の治し方 医療関係者向け

Topics

< 顎態調和法 数野先生からのワンポイントアドバイス  |  一覧へ戻る  |  歯周病の治し方2 本当に治るのか >

歯周病の治し方 医療関係者向け

 およそ、歯科関係者であればよほど特殊な(エナメル突起とか)解剖学的要因がある場合を除いて、局所を短期間に治療に成功に結び付けられない方はほとんどいないと思います。歯周病が細菌感染による慢性疾患である以上、感染条件を改善すれば組織は修復するのが当たり前だからです。

 では、生涯を通じてではどうでしょうか、おそらくほとんどのレセプトの病名欄にP病名が書かれているのではないのでしょうか。ほとんどの人にとって生涯の罹患期間は恐ろしく高いはずです。なぜ歯を磨かない子供が罹患せず、よく磨くようになった大人が生涯罹患するのでしょうか。歯を磨くと歯周病になるなどという主張が出てきてもおかしくなさそうです。このような現象の理不尽さが現在の歯周病治療を混乱させている原因であるように思います。

つづく

希望ヶ丘歯科医院 顎態調和法 矯正 歯周病


カテゴリ:

タグ:

< 顎態調和法 数野先生からのワンポイントアドバイス  |  一覧へ戻る  |  歯周病の治し方2 本当に治るのか >

このページのトップへ