HOME > Topics > 歯周病の治し方2 本当に治るのか

Topics

< 歯周病の治し方 医療関係者向け  |  一覧へ戻る  |  顎態調和法 論より証拠 >

歯周病の治し方2 本当に治るのか

 では、スケーリングもばっちり、PCRも下がってきた、よし、治った。 しばらく間が開いてまた再発、ありませんかそんなこと。

 私事ですが、私は日本体育協会の上級コーチの資格を持っています。それでたまたま、ツイッターで歯周病コーチングという言葉を見つけ何のことか興味があったので調べてみました。

どうやら、歯周病治療のための患者コーチング法のようです。 

 歯周病コーチングのサイト開いている先生のページを読んでみると、大意として、TBIだの何だの患者教育をしてもその点の教育技術が低いかコーチング技術そのものが無いため、きちんと患者に伝わっていないのだから。いくらスケーリングしようが何をしようが、根本が無いので結局無駄になる、よって、年がら年中、歯を磨きまくってくれるように指導できるコーチング技術を獲得すべきだというものでした。

 大筋、同意です。全く歯を磨きまくり高い清掃技術を獲得したら、確かに再発の可能性はかなり低くなります。そして、何らかの技術獲得にはコーチの存在はかなり有効です。たしかに、その点ご高説を患者に述べまくって、結局、患者のデンタルIQが低いのよ、うそぶく先生に比べたら100倍ましです。

 私の医院の定期的メンテナンス患者のPCRは平均で10パーセントを切っていると思いますが、各個の患者につい見ればかなり変動しているはずです。一定期間リコールが空くと再発傾向にあるはずです。私はこの先生のお話を読んだとき少し疲れた気持ちになりました、何で、そこまでがんばらないといけないのでしょうか。もう、頑張れません、うちの患者は。技術をそれなりに獲得したにもかかわらず、期間が一年やそこら開いたくらいで(症状にもよりますが)再発させてしまう私に問題があると思います。

 それにこの先生のお話ではなぜ子供は歯周病にならないのかという問いに答えてくれてははいません。

 

顎態調和法 希望ヶ丘歯科医院 矯正 歯周病

 


タグ:

< 歯周病の治し方 医療関係者向け  |  一覧へ戻る  |  顎態調和法 論より証拠 >

このページのトップへ